話題の「ブリアン(Brian)」は本当に子供の虫歯に効果あるの?

子供の写真
子供の虫歯に悩む方に「ブリアン」は注目されています。
新聞やインターネットでも取り上げられ、世界中で話題になっています。

 

でも、本当に子供の虫歯に効果があるのでしょうか?

 

子供の口に虫歯菌が入らない食事の仕方は、子育ての重要なポイントと考えられてきました。
それは、「3歳までに虫歯にならなかったら、大人になっても虫歯にならない」と言い伝えられてきたからです。

 

「ブリアン」は、今までの虫歯予防とは異なり、虫歯菌を直接退治する効果があります。

 

一度虫歯になり治療したことがあっても、ブリアンによって「BLIS M18」という口内菌を取り入れると、虫歯菌がなくなります。
口内菌を100%除去するのは困難ですが、歯磨きとして使い続けることで虫歯になりにくい歯を作ることが可能です。

 

「BLIS M18」とは、世界中の虫歯の無い子供達の中でもトップ2%だけが持つ口内菌です。
「ブリアン」は、この口内菌の特徴である微粒子をそのまま活用し、粉末の歯磨き粉として使用します。

 

歯垢は虫歯菌の餌になりますが、この微粒子により歯の表面からきれいに落とすことができます。

 

子供の歯磨きは、歯ブラシを口の中に入れるのを嫌がる子供や、うがいがうまくできない子供でも必要です。
どうにかして歯磨きさせようとすると余計にうまくいかず、子育て自体にストレスを感じることも少なくありません。

 

そんな問題もこの「ブリアン」で解決できます。甘くておいしいイチゴ味の歯磨き粉で、うがいが必要ありません。
子供はおいしい歯磨き粉を使うことが楽しく感じるようになり、自分から歯ブラシを持ち歯磨きをする習慣づけもできます。

 

「ブリアン」は、虫歯になってしまった子供にも効果のある商品です。